髪の生え際にできるニキビが気になって仕方ない

大人ニキビってでき始めると一ヵ所に集中することがあります。特にこめかみやおでこの髪の生え際ギリギリの部分って、ニキビが出来易いですよね。毎日一生懸命洗顔しているのですが、いつの間にかニキビが増えてしまっていることがあります。

生え際に突如出没する大人ニキビ

髪の毛の生え際ギリギリなんで洗うのが難しくて、洗顔フォームも届きにくいので困っています。ニキビケア化粧品を塗ると髪の毛にもついてベトッとした感じになって、ヘアスタイルが上手く決まらないんです。

生え際ギリギリのニキビを改善する為には洗顔料だけではなく洗髪も大切だとネットで知りました。あまり髪に刺激の多いシャンプーを使うとニキビが酷くなることもあるそうです。

もしかしたら私のニキビはヘアケア製品が原因かも知れないと思い始めて、最近使い始めたのが「アミノ酸シャンプー」です。洗浄力は普通のシャンプーより落ちるけれど、何と言っても髪とお肌に優しいんだそうです。毎日洗髪をしているのでそこまで洗浄力が強力でなくてもいいかなと思って使って1週間になります。

アミノ酸シャンプーの効果

その結果、おでこからこめかみにかけてのニキビが小さくなってきたと思います。ニキビが多いとつい仕事中に指で掻いたりしてしまうのですが、昨日辺りから指にひっかかる様なブツブツが少なくなったと感じるのです。鏡で確認してみたのですが、赤味が取れてきていると思います。

生え際のニキビがなくなったら前髪を持ち上げてくるりんぱしてみたいですね。アイメイクも変えて、プチイメチェンにチャレンジするのが理想です。

大人ニキビの対策は、自分の肌と相談しながら…!

いい大人なのに、ニキビが顔のどこかしらに常駐している日々というのも切ないものです。私の場合は特に、乾燥が気になって来る秋冬から春にかけてが、大人ニキビも全盛期。しっかり乾燥対策の保湿ケアをした上で、細かい注意をしておかないと、額や口元の周りなどにすぐさまぽつぽつと赤白のニキビができてしまうので困りものです。

洗顔のし過ぎは禁物

大人ニキビ対策として、効果が高いのは「いかに顔を洗うか」という部分なのは普遍的です。が、やたら洗顔に気を付ければ何とかなるものでもない、と気が付いたのは30代を越えた頃。例えば、湿気の高い梅雨時から夏場にかけては、さっぱり洗い上げるごく普通の洗顔料を使用してもほぼ問題はないのですが、それ以外の季節では事情が異なってきます。汚れや老廃物はもちろん適宜取り除かなければいけないのですが、それと一緒に必要以上に皮脂を取り去ってしまうと、てきめんで肌が荒れ始め、大人ニキビの他にも赤っぽい湿疹やざらつきなどのトラブルが活発に起こってしまいます。

泡の力を借りる

というわけで、現在の私は泡立てずに肌になじませて使うタイプのオーガニック・クレンジングクリームを利用しています。落とすものが少なければ、必然的に洗顔で肌にかかる負担も軽減していくであろうという予想から、メイクもBBクリームやCCクリームにパウダーを軽くはたくだけです。カバー力が少ない分、仕上がりは「化粧してる?」と言うくらいのナチュラルさではありますが、かえってこの方が年相応の自分らしく見えていいのかもしれないな、とも思えるようになりました。

肌と相談

こんな風に気を付けていくことで、年間を通してみると大人ニキビの発生率はグッと下がりました。やはり自分の肌に相談しながら、日々のケアを調節していくのが一番確実なようです。

ニキビは年齢で変わっていく…

30過ぎたらニキビじゃなくて吹き出物、なんて言われていますけど、白も赤もどちらも大人ニキビができてしまいます。しかも、やっぱり生理前、PMS中はアゴニキビがひどいです。昔はたしかに、頬やオデコにできていましたが、大人になるにつれてフェイスライン、口元のニキビがひどくなりました。

肌質の変化

使うスキンケアは、もちろんニキビ用!もともと皮脂肌なので、できるだけさっぱり系を選んでいます。が、年齢も30をすぎると皮脂肌でも乾燥が気になってきて、混合肌になってきたかな?と思います。

皮脂肌だとついさっぱり系、皮脂を取り除く系を選んでしまいますが、いらないのは「油分」であって、「水分」は必要なんですよね…。なので、最近は保湿も心がけています。どうやら、肌に水分がないともっと潤わないと!って肌がどんどん皮脂を出すらしいんですよね。なので、大人になってからはこちらも注意しています。

最近取り入れている大人ニキビケア

最近はホワイトクレイ入りの洗顔料がお気に入りです。クレイ、泥が皮脂をさっぱりさせてくれるけど、つっぱらなくて潤いが残ってる感じがいいです!ドラッグストアで売っているので十分です。

また生理前ニキビは本当にどうしようもないのですが、最近は鉄分サプリメントも取り入れています。年齢からしても、外からじゃなくて、内側からも必要かなと。ヘム鉄がいいと聞いて、寝る前に摂るようにしています。いま、1か月続けてみると、たしかに今回はアゴの裏にできる赤ニキビが少なくなったかな、っていう感じです。3か月分買ったので、続けてみます。

ニキビのケアにはなるべく肌を刺激しない方がベター?

ちょっと体調が悪い時などに、白ニキビがぽつぽつと出てしまうことがあります。白ニキビは膿が出たり腫れている訳ではないので、上から薬を塗ってもイマイチ効果が感じられませんよね。ファンデのノリが悪くて光の加減が気になって仕方がありません。

洗いすぎに注意

同僚のお肌のキレイな女性に訊いてみたら「顔を洗い過ぎてるんじゃないの?」と言われました。顔には自然にお肌のダメージを修復する機能があるので、洗いすぎて必要な皮脂まで落としてしまうと返って白ニキビが出来易いそうです。

私が使用しているのはニキビ専用の洗顔石鹸ですが、彼女曰く「泡立てるタイプの洗顔石鹸の方が刺激が少ないと思うよ」とのことでした。洗顔石鹸の方が洗い上がりがきときとして、それだけしっかり汚れを落としてくれる感じがするのですが、それが返っていけないんだそうです。しっかりと洗顔石鹸を泡立てて、その泡で顔を刺激しない様に洗った方がお肌がキレイになると聞いて驚きでした。

優しい洗顔がコツ

因みに早速ドラッグストアで泡立てるタイプの洗顔石鹸を購入してきました。もちろん無添加のものでしたのでお値段ちょっとお高めです。さっきお風呂で試してみたのですが、何だか洗い上がりがぬるっとしていて、本当にキレイになっているんだか心配でした。それでもお風呂上りに変なツッパリ感はありませんし、ツルツルしている様な気がします。

これからしばらくはこの泡立て洗顔を実行して、どれくらい白ニキビが減るか試してみたいと思います。

自家製スムージーは、化粧品よりも大人ニキビ効く

ニキビは1つ出来ると、どんどん広がり、あっと言う間に悪化してしまいます。そうなってしまうと治すのも、なかなか大変です。私も今、普段の不摂生がたたり、大人ニキビが増加中です。それを食い止めるために、自家製スムージーを飲み始めました。

美肌効果抜群なスムージー

このスムージーは、効果抜群なんです。以前、長い間、治らなかった大人ニキビがスムージーを飲み始めてから、みるみるうちに良くなっていったんです。ニキビ対策化粧品を使うよりも、効果も高いし、結果も早く出ます。

材料は、葉物野菜、そして、ニンジンやリンゴなど適当です。ただ、葉物野菜が効果があるようなので、絶対に1つは入れて下さい。私の場合、ほうれん草や小松菜を入れています。ほうれん草の場合は、生で使用するとシュウ酸がたまってしまうので、絶対にゆでてから使用してください。葉物野菜には、ビタミンと鉄分がたっぷりと含まれています。普段、不足しがちな物を補う事が出来るので、これがニキビに効果あるようです。これらの野菜をミキサーに入れて、ジュースにするだけです。

継続すれば大人ニキビにも効果が出てくる

毎朝、スムージーを飲むと1週間もしないうちに大人ニキビが消滅していくはずです。驚くくらいにスベスベになります。

ちなみに、葉物野菜以外は、既に出来たジュースを使用しても大丈夫です。たくさん揃えるのは、お金も手間もかかるので大変ですよね。ただ、葉物野菜だけは必須です。冷蔵庫に多めにゆでた葉物野菜を常備しておけば便利です。

今日から、自家製スムージーで大人ニキビ対策を始めます。このスムージーは、ニキビだけでなく健康にも良いので、普段の朝食としてもおすすめです。

大人ニキビにおすすめの野菜

大人のニキビの原因は色々とありますが、その一つに栄養バランスの欠如があります。肌の健康維持に必要なビタミンがすくないと、肌が荒れてニキビができやすくなります。そこで今回はニキビの予防や治療に役立つおすすめの野菜を紹介します。

ニンジン

人参にはビタミンAが豊富に含まれています。ビタミンAは毛穴のつまりを解消するのに役立ち、肌の再生を促します。ニンジンはスーパーで買えて、調理も比較的簡単なのでおすすめです。ちなみに、人参の皮はむかなくても大丈夫です。ゆでればそのまま丸かじりできるので、いったん調理した人参を冷蔵庫に保管して、あとでつまみにするのもいいですね。

カボチャ

カボチャにはビタミンCが入っています。ビタミンCはコラーゲンを生成し、メラニンを抑制します。美肌には欠かせない野菜ですね。ただカボチャは皮が硬くて、丸ごと購入すると調理が大変というデメリットがあります。スーパーではあらかじめ半分もしくは四分の一サイズにカットされているのがあるので、それを購入するとよいでしょう。

ほうれん草

力の源ほうれん草はビタミンAが豊富に入っています。バターで炒めると香ばしくておいしいですが、バターには脂が入っているので、できれば茹でてそのまま食べたほうがいいです。

枝豆

枝豆はたんぱく質だけでなく、ビタミンCも豊富に含まれています。冷凍の枝豆を購入しておけば、レンジでチンするだけで貴重な栄養源になります。

以上、大人ニキビにおすすめの野菜を4つ紹介しました。コンビニやスーパーでは野菜パックが複数種類置いてあります。毎日日替わりでバランスよく野菜を取ることが大人ニキビを効果的に治すことができます。

大人ニキビを効果的に治す方法

大人ニキビは非常に頑固で治りにくいですが、効果的に治す方法があります。皮膚科に行って専用の薬を処方してもらうこともできますが、仕事で忙しくて病院に行く時間がない人や、突発的にできたニキビに対しては実現が困難な方法です。

そこで今回は日常生活の中で誰でもできる大人ニキビの治し方を紹介します。薬のような即効性はありませんが、ニキビ予防も兼ねて長期的には効果的な治療法です。

朝と夜の洗顔

まず基本的なことですが、毛穴に詰まった皮脂や汗、埃などの汚れを取ることが最も効果的な予防です。洗顔料は自分の肌質にあったものを選ぶのが良いですが、ルナメアやビーグレン、プロアクティブなどニキビに特化した薬用洗顔料がおすすめです。ただしプロアクティブは刺激が強いので、まずは少量で試して肌が腫れたり、痒みがでないかどうか確認してから本格的に試すのが良いでしょう。

回数は夜1回だけで良い人もいますが、夜に汗を大量にかく人は朝も洗顔をすることをおすすめします。ただし手でごしごしするのではなく、泡を肌の上でころがすように洗ってください。洗いすぎて必要最低限の脂もとってしまうと、かえって皮脂の分泌が盛んになってしまうので注意してください。

化粧水を使った保湿

洗顔と合わせて大事なことは、保湿です。洗顔した直後は肌が乾燥しているので、化粧水で水分を与えてください。そして保湿クリームやジェルで潤いを閉じ込めてください。保湿を行わないと化粧水をつけても凄まじい勢いで水分が蒸発していきます。

化粧水は先ほど紹介したルナメアやビーグレンなどでセットになっている商品を使うとよいでしょう。大体お試しセットがあるので、洗顔料と合わせて1,000円~2,000円ほどで手に入ると思います。

食生活の改善

一日で最低1回は野菜をしっかり食べましょう。野菜には肌の調子を整えてくれるビタミンが豊富に含まています。最悪サプリメントで補給するようにしましょう。

逆に脂の多い肉やチョコレートなどのお菓子、ミルクがたくさん入ったコーヒーなどは避けてください。食べ物は体に大きく影響をすることを忘れずに。

快適な睡眠

最後に夜10時から深夜2時の間で睡眠をとっていることが理想です。必ずしもこの時間帯にずっと寝ている必要はありませんが、この「お肌のゴールデンタイム」は肌の再生活動が最も活発化する時間帯です。特にニキビで荒れた肌をきれいにしたい人はしっかりと睡眠をとることが大事です。


以上4つの基本原則を紹介しました。どれも難しいことではありません。1日の間でちょっと気を付ければ誰でもできる事です。自分に甘い人は、ニキビの餌食になりますよ!

追記:大人ニキビ改善に役立つお薦めサイト

色々調べた結果、一番参考になりそうなサイトを見つけたので紹介しておきます。
一週間でできる大人ニキビの治し方

このサイトでは、「一週間」という短期間に着目して、効率よく大人ニキビを治すための秘訣をまとめています。オーソドックスな治療法もありますが、意外な薬を使った裏技も色々記事にしてあるので、時間があるときにざっと読んでみると勉強になります。また一週間よりも早く、即効性のあるニキビの治し方なんかは、なかなか興味深い記述もあるので、ぜひ読んでみてください。

大人ニキビの原因

子供の時からニキビとは無縁だったけど、大人になってからニキビがぽつぽつできるようになったという人がいます。思春期にニキビを経験したことがない人はいきなりニキビができるようになって、「え?今更!?」とびっくりすることでしょう。しかしニキビは年齢に関係なく急に訪れるものです。

大人ニキビの主な原因は4つあります。

  • 食生活
  • 不規則な睡眠
  • ストレス
  • ホルモンバランスの乱れ

食生活

実は大人ニキビの最も多い原因は食生活の乱れです。小学校時代は給食がありましたし、中学や高校はお弁当がありました。だから毎食栄養が整っていたので健康体で過ごすには問題なかったはずです。

しかし大学や社会人になるとどうでしょうか。実家に住んでいる人はもしかしたら朝は母親が作ってくれるかもしれませんが、昼や夜を外食することが多くなったと思います。一人暮らししている人は毎回外食と言う人も少なくありません。

特に脂っこいもの、肉やお菓子などを好む人は要注意です。余計な脂は汗と一緒に毛穴から排出されますが、皮脂となって毛穴に詰まります。ここにアクネ菌が繁殖して炎症を起こすことでニキビができます。

不規則な睡眠

食生活と同じく、大学性や社会人になると夜更かしをしたり、仕事で夜遅くなって十分な睡眠をとれないことが多くなります。睡眠時間が減ると肌の再生活動(ターンオーバー)が正常に行われなくなり、肌が荒れたり、ニキビができやすくなります。たとえ食生活を正しても、適切な睡眠をとれないと、これもまたニキビができる原因となるのです。

ストレス

働く人につきものがストレスです。ストレスがたまると抗ストレス作用が働き体を守ろうとします。しかし一方で皮脂の分泌が活発になり、ニキビができやすくなります。大学生でも恋の悩み、成績の問題、就職活動のストレスで突発的にニキビができるのはストレスが原因であることがほとんどです。

ホルモンバランスの乱れ

最後に、女性に多いのがホルモンバランスの乱れです。特に生理の時や妊娠前後ではホルモンバランスが崩れて、皮脂の分泌が盛んになったり、体温が上昇したりします。そうすると発汗に伴い皮脂が毛穴に詰まりやすくなり、ニキビの原因となります。


以上、大人ニキビの原因を4つ紹介しました。人それぞれニキビの原因は異なるので、自分の日常生活をよく振り返って、原因をなくすことがニキビ治療・予防の第一歩です。

なかなか尽きない…繰り返す大人ニキビ

もう成人してだいぶ経ちますが、なかなかニキビの悩みから解放されなくて困っています。以前はフェイスラインのニキビに悩まされていたのですが、今はとにかくほおにニキビが出来るのにまいっています。まさかこんなに目立つ位置にニキビが出来るなんて…。とにかく赤ら顔の印象になってしまいますし、メイクするのも悩みながら、といった感じです。

今あるニキビは、もう一カ月近く治りきっていません。ちょうど今のニキビが出来はじめた頃はストレスが多く、出来るのも仕方ないと思っていましたが、ストレス事項がなくなってもニキビは消えてなくならないのです。

ニキビのため、というわけではないのですが、コラーゲンとビタミンCはサプリメントで補い、美肌には日々気をつけているだけにがっかりします。インナードライに注意したいので乾燥には気をつけていますが、ニキビ周辺に収れん系のローションをつける以上に、保湿には気を配って何種類かローションを重ねづけしています。

ニキビの軟膏を就寝前はつけるようにしており、ニキビの芯は少しとれてきたのですが、赤みがまったく引かない。この赤みがやっかいです。メイクしても隠しきれず、隠そうとすると厚塗りになり、ニキビに悪そうでためらいます。何より、赤みのあるうちはまた芯が再発することもあるので、油断なりません。

今日はとりあえず、メイクはBBクリームを薄くつけ、ニキビの薬をメイクの上からもつけました。早く治ることだけが願いです。